フィリピンに関する出来事

フィリピンに関わる業務を行なう日常や巷のニュースから気づいたこと。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
HIS
VIVAVIDA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< フィリピン警察も変わるのか? | main | 東京入管にて >>
東京入管立川出張所へ行きました
最近は、行政書士事務所とは別に私が経営する法人の東京事務所にて仕事をしています。月の半分は東京に滞在していると言う状況です。最近は日本人のお客様だけでなく、東京近郊に居住されるフィリピン国籍者のお客様も増えてきており、熊本にいては対応できなくなってきています。

そして昨日は、都内に住むフィリピン国籍永住者の実子であるフィリピン国籍の子供たちの定住者資格の期間更新の為に立川出張所へと行ってきました。

以前東京入管高崎出張所へ申請に行った際に職員から審査は東京でやっているのでそちらへ持って行って下さいと言われた事があったり、浜松出張所では職員との会話の中で嫌な思いをした事があったので、それ以来各地域の入管にしか行かなくなりました。そして、昨日は久々に出張所レベルの入管へ行ったわけです。

夕方3時半に到着して番号札を取って順番を待たなくてはなりません。行ったら30人待ちでいつ終わるのかと思っていましたが、意外と早く5時には手続き終わりました。出張所といえども手続きを待つ外国人が多いです。熊本の出張所ですとベンチが二つあるのみです。やっぱり大都市圏の出張所は近隣に居住する外国人が多いのでベンチの多さと待合い場所の大きさが違います。昔はタレントさんと呼ばれる外国人が多かったので地方の出張所でも結構にぎわっていたように思います。

最近は入管職員の数が不足していると聞きます。立川出張所の職員の方々も結構大変そうに対応されていました。特に提出以前に書類の書き方や添付書類の不足などを指摘されている外国人がいると結構時間を取られているようでした。私達行政書士が介在することで、申請以前のコンサルティング、必要添付書類の的確なアドバイス及び書類作成を行い、外国人だけでなく入管に対しても大きなメリットを提供できるのですが、まだまだ行政書士の役割は認知されていないようです。と言うことで、これから更に市場を開拓していこうと決意した次第です。
| filmarry | 入管 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









url: http://blog.ois-japan.com/trackback/569966
行政書士 資格
今年こそ行政書士!(2006年版 vol.3) 商品価格:1,470円レビュー平均:5.0 東京入管立川出張所へ行きました最近は、行政書士事務所とは別に私が経営する法人の東京事務所にて仕事...
| めんつゆ | 2008/05/28 9:34 AM |